建築業者様、お施主様、DIYのお客様も大歓迎!タイルの通販ならタイルスタイル

電話でのお問い合わせ 052-782-8282

床タイルの種類や価格、選び方をご紹介!

床タイルの種類とイメージ

床タイルの種類や価格

家の外壁から内壁まで手軽に取り入れられるタイル。もちろん、床材としてもタイルはその魅力を発揮します。玄関に、屋内の床に、アクセントを出したいところにぜひ取り入れたいですね。

今回は外装床・内装床それぞれに適したタイルの選び方をまとめてみました。タイルには実にさまざまな種類があるため、それぞれの特徴を理解し、選ぶことが大切です。

まず、代表的な床タイルに用いられるものはどんなものがあるのか見てみましょう。

  • ・木の質感を再現した床タイル
  • ・石の質感を再現した床タイル
  • ・天然石(石灰石・大理石)調の床タイル
  • ・テラコッタ調のタイル(土の温かみを再現したタイル)

上記が床材に用いられるタイルとして代表的なものです。イメージとしては木や土の質感を再現したタイルは、温かみがありナチュラルな雰囲気を演出してくれます。

大理石や石灰石を豪華に使用した質感の天然石調タイルは、エレガントな雰囲気を演出し、洗練されたイメージを与えます。本物の大理石などの天然石を使用すると、撥水剤などのメンテナンスに手間とコストが必要ですが、タイルの場合は必要ありません。

価格ですが、価格に関わる主な要素としては、タイル表面へのプリントに用いられる技術の差です。本物の木や石を再現したタイルは天然の物にはある経年劣化がなく、耐水性があるものが多く魅力的ですが、最新型のプリント技術を使用している場合、やはり価格はやや高めになる傾向があります。ただ、価格の高いものはプリントがとても繊細で、よくよく見ないと本物かと思うような質感の物がたくさんあります。価格と質感のバランスで選ぶと、納得のいく選択が出来るかも知れません。

既に「こんな雰囲気に仕上げたい」という具体的なプランがない場合は、まずは「ナチュラル系」か「エレガント系」、「シック系」と、イメージから絞り込んでみるのはいかがでしょうか?

次に考えたいのは、それぞれのタイルが持つ特徴です。見た目だけでなく、実用的かどうかという観点でタイル探しを進めるのが大切です。

例えば、大理石の磨き調のタイルはツルツルとした触感のため、雨の日だと滑りやすくなります。表面の凹凸がある荒々しいタイルは、その凹凸が生み出す味わいが魅力ですが、この凹凸に汚れが溜まった際のお手入れも考えなければなりません。

次に、外の床部分(玄関などのエントランス部分)、部屋の床にタイルを用いる場合はそれぞれどのように選べば良いか見てみましょう。

内装床タイル、選び方

内装床タイル、選び方

続いて内装床タイルの選び方ですが、内装床タイルは外に用いるタイルほど水に濡れる可能性が低いため、手入れのしやすさが選ぶ上での重要なポイントです。基本的には表面がさらさら(つるつる)しているものは手入れがしやすいです。

選び方としては、部屋には既に家具が置いてある場合がほとんどですので、リフォームで新たにタイルを設置する場合、すでにあるテイストを考慮しつつタイル選びを進めていくことをおすすめします。

例えば、既に家具がモダン系・モード系の場合は大理石調など気品あるタイルや、無機質なコンクリート調のタイルを取り入れると統一感が出ることでしょう。北欧系の家具がお好きな方は木目調などがおすすめです。地中海風の開放感あふれる雰囲気を求めるのであればテラコッタ調のタイルがマッチするでしょう。これらはあくまで基本的な組み合わせなので、自分が納得できるタイルなのかどうか、実際にサンプルを取り寄せてみて、試してみるのが理想です。

また、リビングや廊下の床面への設置を検討されている方は、「光の量」を考慮してみるのも良いでしょう。ツルツルとした光沢のあるタイルを検討してみましょう。部屋の照明や外の明かりに反射して暗くなりがちな足元部分を照らしてくれるので、明るく清潔感あるイメージに仕上がります。ツルツルとしたタイルはモップなどで手入れができるので、掃除の際にもストレスを感じづらい一石二鳥の素材と言えます。

タイルスタイルでは、大理石調のタイルに、縦縞模様の入った「マルミ」シリーズや、とにかく光沢が美しくとてもリアルな「マーモス」「ヘリテージ」など幅広く揃えているため、つくりたいお部屋のイメージに合わせたタイルが見つかるはずですよ。

まとめ

内装タイル

今回は外・内で使用するタイルでおすすめの素材をいくつかピックアップして紹介しました。いかがでしたでしょうか?

タイルには実に多くの種類があるため、家の持ち主の趣向に合わせて取り入れられるのが大きなメリットです。また、リーズナブルかつデザイン性を重視したタイルも多数あるため、気軽にお部屋のアクセントとして取り入れられます。家に住む人から来客者までが目にする外装床の部分から、部屋で多くの面積を占める内装床にまで、タイルが活躍すること間違いなしです。本記事で紹介した内容を参考に、「これだ!」というタイルに出会えると良いですね。

  • トップページへ戻る
  • 商品を見る