輸入タイル専門の通販サイト【タイルスタイル】

電話でのお問い合わせ 052-782-8282

ホーム > テラス

テラス

Terrace
テラス

家族と、恋人と、友人と
優雅な時間を過ごす空間

時には友人を呼ぶパーティーにも使われ、時には家族でゆったりと過ごす場所にも。
テラスは優雅な時間を演出する大切な空間です。

サンサンと降り注ぐ太陽と相性のいいホワイトの石目調タイルや、
庭の緑とマッチするナチュラルカラーのタイルなど、
あなただけの理想のテラスを描けるタイルを集めました。

天然石の持つ色調と質感、表情を最新技術のシステムでリアルに表現。サイズバリエーションが豊富な為、パターン貼りでデザイン性高くもなります。

ストーンヘンジ 304mm角/304×608mm/152mm角

タイルイメージ

タイルイメージ

タイルイメージ

タイルイメージ

\3,933/m2〜(税込)

詳しくはこちら

ストーンヘンジ

雄大な自然に満たされる落ち着いた空間を演出

ルッカ 250mm角/250×500mm

タイルイメージ

タイルイメージ

タイルイメージ

\4,092/m2(税込)

詳しくはこちら

ルッカ

力強い模様の石目調タイル。特徴のあるタイルをお求めの方。

ウラノ 308×615mm

タイルイメージ

タイルイメージ

タイルイメージ

\4,719/m2(税込)

詳しくはこちら

ウラノ

少しスモーキーな深みのある色合いが魅力。さりげなく高級感を演出します。

マディソン 595mm角

タイルイメージ

タイルイメージ

タイルイメージ

タイルイメージ

\5,676/m2(税込)

詳しくはこちら

マディソン

飽きのこない天然木の風合いをそのままに、フローリングを再現したタイルです。

ナチュレ 200×800mm

タイルイメージ

タイルイメージ

タイルイメージ

タイルイメージ

\6,468/m2(税込)

詳しくはこちら

ナチュレ

ベルギー産の青みがかった斑の入ったピエールブルーをモチーフにしたタイル

ピエール・ブルー 300mm角/300×500mm/500mm角

ピエール・ブルー グリス

ピエール・ブルー ノアール

\5,720/m2(税込)

詳しくはこちら

ピエール・ブルー

アルプスを臨むスイスの山荘に使われているような、ヴィンテージ風の木の質感のイメージを再現しました。

ハード 150×610mm

タイルイメージ

タイルイメージ

タイルイメージ

\4,114/m2(税込)

詳しくはこちら

ハード

変形六角形が、ポップにならず大人な雰囲気に仕上げます。混ぜ張りもオススメです。

ストーンカット 240×490mm

タイルイメージ

タイルイメージ

\5,324/m2(税込)

詳しくはこちら

ストーンカット

テラスに最適な商品一覧高品質な商品をリーズナブルな価格で

29 件中 1-29 件表示 

ル・ケーブ

ル・ケーブ

北イタリアで採掘される特徴的な石をモチーフにした、表面の輝きが個性的なタイルです。

価格 4,488円/m2

ル・ケーブヘビー

ル・ケーブヘビー

ル・ケーブの19mm厚タイプです。砂利や砂の上に直接施工が可能なので敷石のようにもお使いいただけます。

価格 10,868円/m2

ストーンヘンジ

ストーンヘンジ

天然石の持つ色調と質感、表情を最新技術のシステムでリアルに表現。サイズバリエーションも富んでいます。

価格 3,933円/m2〜

ルッカ

ルッカ

スモーキーな3色のカラーで、落ち着いた自然な空間を演出します。2サイズ展開なのでパターン張りも可能です。

価格 4,092円/m2


ハード

ハード

アルプスを臨むスイスの山荘に使われているような、ヴィンテージ風の木の質感のイメージを再現しました。

価格 4,114円/m2

ナチュレ

ナチュレ

飽きのこない天然木の風合いをそのままに、フローリングを再現したタイルです。

価格 6,468円/m2

ピエール・ブルー

ピエール・ブルー

タイルの輪郭が波型でエッジが丸く、シックなカラーながらも温もりある雰囲気を醸し出します。

価格 5,720円/m2

ウラノ

ウラノ

ダイナミックな石目調の模様を持った力強い表情のタイルです。シンプルな床に飽きてしまった方へ。

価格 4,719円/m2


ルベロン

ルベロン

主張しすぎず空間に調和する上品な質感で、土の温かみのある表情を再現したタイルです。

価格 4,455円/m2

モデナノンスリップ

モデナノンスリップ

大胆な色ムラがリアルなテラコッタを彷彿とさせます。

価格 3,790円/m2

マドラス

マドラス

商用スペースにも最適で、様々なフロアにマッチする滑りにくく使いやすいテラコッタ調タイルです。

価格 3,498円/m2

マディソン

マディソン

石の繊細な模様と落ち着いた深みのある色合いが魅力です。シックで高級感あるフロアスペースを演出します。

価格 5,676円/m2


フュージョン

フュージョン

セメントのようなクールな表情を持ち、セラミックタイルならではの品質が用途を選ばず施工可能です。

価格 5,687円/m2〜

コテージ

コテージ

300mm角のタイルが4枚並んでいるように配置された600mm角のタイルです。施工性に優れます。

価格 4,147円/m2

ループ

ループ

上品さはありながらも、石特有の柄が見事に再現された、リアルな石目調タイルです。

価格 2,860円/m2

ファクトリー

ファクトリー

長い時間をかけて使い込まれたセメントの床面を再現しました。味わいあるシックな空間を演出します。

価格 4,818円/m2


ストーンカット

ストーンカット

ユニークな六角形で多彩な石の表情を織り交ぜたデザイン。屋外にも公共エリアにも最適な耐久性あるフロアータイルです。

価格 5,324円/m2

ドリームマーブル[フロアー]

ドリームマーブル[フロアー]

ピラミッドの質感を彷彿とさせるエジプトモジュール敷石

価格 10,857円/m2〜

ヒストリックノンスリップ

ヒストリックノンスリップ

人気のヒストリックの、ノンスリップ性能をアップしました。石の雰囲気を忠実に再現したタイルです。

価格 3,520円/m2

ファインタンブルストーン

ファインタンブルストーン

10センチ角天然石の大ロングセラー商品。優しい色合いながらも天然石の重厚感があります。ナチュラルスタイルには絶対コレ!

価格 4,554円/m2〜


コンクリート

コンクリート

コンクリート調のシックな模様が醸し出す質感が特長のタイルです。

価格 3,872円/m2

ミニモジュールセット

ミニモジュールセット

アンティークな風合いの天然石で、ネット貼りにより簡単にデザイン性高い石畳を再現出来ます。

価格 6,413円/m2〜

アンティコカサーレ

アンティコカサーレ

SALE☆独特な表情が持つ風合いで、長い年月を経たかのようなアンティーク感ある味わい深いタイルです。

価格 3,234円/m2

テラエスパーニャ

テラエスパーニャ

古い石炭窯により得られる自然な色調が特徴のリアルテラコッタタイルです。

価格 9,438円/m2


ダークテラコッタ

ダークテラコッタ

個性的なチョコレートの色合いが、優雅で特別な空間づくりを演出します。

価格 5,676円/m2

フラッグ

フラッグ

SALE☆強力なアンチスリップ性能を持ち、リアルな石の表情をパターン貼りによりデザイン性良く演出します。

価格 2,200円/m2〜(税込)

クニ

クニ

SALE☆木の温かみや色合いだけでなく、節やワイルドな質感をも見事に再現したタイルです。

価格 6,534円/m2

タンブルストーン

タンブルストーン

古き良きヨーロッパの小路を思わせるような情緒ある素朴な雰囲気を醸し出します。

価格 7,079円/m2


ロベーレ

ロベーレ

SALE☆テラスやベランダにも使える、ベーシックな色のフローリング調タイルです。ベージュからブラウンまで、全4色です。

価格 1,760円/m2


29 件中 1-29 件表示 



テラスに使われるタイルにはどんなものがあるのか?タイルの種類・色・大きさ紹介。

ここ数年でかなり人気を集めている建築用材といえばタイルです。タイルは基本的には粘土を焼いてつくられるもので、焼き時間や温度などで焼き上がりの風合いが異なってきます。
日本人の昔からの感覚にはない絶妙な模様や色合いを楽しみたい。そんなおしゃれな感覚をお持ちの人にはタイルは絶対にオススメです。
ひと口にタイルといってもその種類や色、大きさは様々です。それぞれの特徴やどういった場所に使用するのが良いかを紹介します。

焼き時間や吸収率により違う!3種類のタイルとは?

マドラス

まず、タイルは大きく3種類に分けることができます。吸水率の高さ順に、陶器質、せっ器質、磁器質の3種類です。それぞれ、粘土を焼く温度によって焼き上がりが異なるのです。
陶器質は多孔質で吸水率が高いものです。陶器質の例を挙げるとすれば、テラコッタです。テラコッタは玄関の床に使用されることが多い材質です。その素朴な風合いが老若男女問わず人気を集めています。
逆に、磁器質はほとんど吸水しません。それはつまり非常に丈夫であるということにもなり、歩いたり踏んだりする床用のタイルとして使用するのに特に向いています。
そのため、多くの床用タイルは磁器質か、もしくはせっ器質です。せっ器質は磁器質と陶器質の中間の性質を持っています。
身近なところですと、吸水率が高く水はけのよい陶器質は植木鉢に使用され、硬くて丈夫な磁器質は食器の材料としても好まれます。ただし、近年ではテラコッタのように陶器質でもその独特の風合いからタイルとして選ばれるものも多くあります。
また、従来の陶器質の弱点ともいえる多孔質で割れやすいといった性質を補完することで、床材として使用するに足りる強度を持つものも登場しています。

多様なデザインに対応し得るタイルの種類

テラコッタ

テラスに使用するタイルは多種多様です。大きさの違うタイルを敷き詰めることで立体感を演出したり、同じ形を規則的に敷き詰めることで統一感を出したり。それぞれの仕上がりのイメージは様々だと思いますので、それに合わせたタイルの種類もおのずと数が増してくるものです。
釉(うわぐすり)というものがあります。これは、タイルの表面に塗って焼き上げることで色や艶を出す働きをします。 釉を塗って仕上げたものは、施釉と呼ばれ、色味とともに独特の艶が出てきます。こういったタイルを床材として使用すれば高級感を演出することができます。
逆に、釉をあえて塗らずに仕上げたタイルもあります。無釉といいます。素朴さやレトロといったイメージならば無釉のタイルを使用した方が良いですね。
タイルの大きさは様々ですが、人気があるのは使いやすい30cm程度の正方形。広い箇所には60cm角や30×60cmの大判タイルで高級感を出しても良いと思います。また、それらを組み合わせてパターン貼りなんかもデザイン性が溢れて素敵です。

タイルテラスをつくるとしたら費用はどれくらいかかる?

ウッドデッキ調タイルテラス

タイルを使用したテラスは多くの人の憧れになっています。映画に出てきそうなタイル床のテラスをつくるとなれば、その値段はとても高いのではないかと思ってしまいますね。
タイルテラスの相場はいったいどのくらいなのでしょうか。
土台があるか否かでお値段は変わってきます。土台がすでにあってその上にタイルを敷きつめるのみであれば、1m2あたり、1万円〜1万5千円くらいの費用でできます。もちろん地域性や状況などにもよりますので目安としてお考え下さい。
土台からつくるとなると、その倍の3万円くらいと考えておく方が良いでしょう。こちらもあくまでも目安としてお考え下さい。
選ぶ材料や施工方法、地域性など様々な理由により大幅に値段は変わる事がありますのでご注意を。

ここ数年のタイル人気は、単にタイルを使用した雰囲気が人気を集めているというだけではなく、タイル自体の性能があがり、使用しやすくなっているということも一因だと思います。
タイルには前に書いた通り様々な種類がありますが、全体を通していえることは、簡単なお手入れで長くきれいに使ってもらえるということです。また、タイル特有の風合いも大きな魅力の一つであることは言うまでもありません。

タイルをテラスに使うメリットとデメリット

タイルは、テラスの美観と機能性を高めるための優れた選択肢です。以下では、タイルをテラスに使用する際のメリットとデメリットを詳しく解説します。

タイルをテラスに使うメリット

タイルをテラスに使うメリット

1. 美観の向上
タイルは多様なデザイン、カラー、質感があり、テラスの美観を大幅に向上させます。石目調、ウッド調、コンクリート調、モダンなデザインなど、あらゆるテイストに対応可能です。

2. 耐久性と長寿命
タイルは非常に耐久性があり、長期間にわたって使用可能な建材です。適切に設置されたタイルは、気候変動や重い家具によるダメージにも耐えることができます。

3. メンテナンスの容易さ
磁器質のタイルは吸水率が低いため、汚れに強く、掃除が簡単です。たとえ飲み物などをこぼしてしまったとしても、早く拭き取っておけばメンテナンスの手間を大幅に削減できます。

4. 耐水性
磁器質のタイルは耐水性が高く、雨や湿気に強いため、テラスのような屋外空間に最適です。滑り止め加工が施されたノンスリップタイルを選ぶことで、安全性も向上します。

5. 環境にやさしい選択
多くのタイルはリサイクル可能な素材から作られており、環境に配慮した選択肢です。また、耐久性が高いため、頻繁な交換が不要で、長期的に見るとエコロジカルな選択となります。

タイルをテラスに使うデメリット

タイルをテラスに使うデメリット

1. 初期コスト
タイルの設置には初期コストがかかります。高品質なタイルほどコストが上がりますが、頻繁な交換が必要でないなど、長期的な視点で見ると、耐久性やメンテナンスの容易さからコストパフォーマンスは高いです。

2. 施工の手間
タイルの施工は専門的な技術が必要であり、自分で施工する場合でも時間と労力がかかります。専門業者に依頼することで、確実な仕上がりを期待できますが、費用が追加されます。

3. 寒冷地での使用制限
寒冷地では、凍結と解凍の繰り返しによってタイルが割れる可能性があります。耐凍害性のあるタイルを選ぶことで、この問題を軽減できます。

4. 滑りやすさ
特に雨の日や湿気の多い環境では、タイルが滑りやすくなることがあります。滑り止め加工が施されたノンスリップタイルを選ぶことで、安全性を確保できます。

5. 重量
タイルは比較的重いため、設置場所の構造強度に注意が必要です。特に、古い建物や構造が弱い場所に設置する場合は、事前に専門家に相談することが推奨されます。

タイルをテラスに使用することには多くのメリットがありますが、一部のデメリットも考慮する必要があります。 適切なタイルを選び、正しく設置することで、美しく機能的なテラスを実現することができます。 タイルの特性を理解し、理想的なアウトドアスペースを作り上げるための参考にしてください。

アウトレットセール